マリメッコデザインが勢揃い!マリメッコ展!

こんにちは!細井です!

現在、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアム
で行われているマリメッコ展へ行ってきました!

FullSizeRender-4

1年以上前から開催が決定しており
ずーっと楽しみにしていた展覧会!
デザイナーの師子堂さんと一緒に
見に行ってきました^^

***

マリメッコとは?
1951年、アルミ・ラティアによって
ヘルシンキで創業された
フィンランドを代表するデザインハウスです。

マリメッコの布地の特徴は
大胆な色使いと柄。
その柄の多くはフィンランドの伝統的な
モチーフや自然に着想を得ているそうです。
洋服はそうした柄が映えるよう
とてもシンプルなカッティングで
高い人気を呼びます。
その後の製品は家庭用品やインテリアまで展開され
現在では日本を始め世界中で絶大な人気があります。

***

今回の展覧会は
ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から
ファヴリック約50点
ヴィンテージドレス約60点
デザイナー自筆のスケッチや各時代の資料など
計200点以上を通して、マリメッコ60年の歴史や
デザイナーの仕事ぶりと活躍を見ることができる
国内初の大規模な巡回展!

会場内には実際の商品と一緒に
それぞれのデザイナーの特徴などの説明と
スケッチがセットで展示されているので
この商品ができあがるまでにどんな事を考えて
このデザインが生まれたのかを
垣間みることができる展示でした。

また、デザイナーの多くが女性で
歴史や概念に左右されず
自分のフィルターで見えたものを
誇りを持ってデザインをする
芯のある強い女性の姿が見えた気がしました。

私もデザインのお仕事をしていますが
こういったデザイナーさんの考え方など見聞きすると
デザイナーとしてのあり方だったり
デザインに対しての考え等とても刺激になります。

ちなみにマリメッコには
日本人デザイナーも活躍していたのはご存知ですか?

以前、こちらのブログでご紹介させていただいた
現在SOUSOUというブランドの
デザイナーの脇阪克二氏
http://sousounetshop.jp/?mode=f95

現在はフィンランドを代表する
陶磁器ブランド“アラビア(ARABIA)”
にアトリエを構えて活躍されている
石本藤雄氏
http://www.arabiaartdepartmentsociety.com/#fujiwo

そして2010年からは
ファッションデザイナーとして
大田舞さん
が活躍されているそうです。

これからもマリメッコのデザインから
目が離せません!

マリメッコのデザインを
一度にこんなにたくさん見ることができる機会は
滅多にないと思うので
是非、今回の展覧会に脚を運んでいただきたいです♪

展示会の最後には
たくさんのグッズも販売されていているので
そちらも要チェックです!

FullSizeRender-1(師子堂さんは展示会のカタログを)

FullSizeRender(私はポストカードを購入しました♪)

ーーーーーーーーーーー

マリメッコ展
〜デザイン、ファブリック、ライフスタイル〜
2016/12/17(土)-2017/2/12(日)
10:00-19:00(入館は18:30まで)
※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
開催場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
入場料:(当日券)一般1,400円/大高1,000円/中小700円

URL:http://marimekko-exhibition.jp/

ーーーーーーーーーーー

 

 

  • NEWER DIARY
  • OLDER DIARY
hr
© 1999 - 2014 MYPRINT CO.,LTD.  All rights reserved.