夜桜見物 in 京都

みなさま、こんにちは。

先日、京都へ夜桜を見物しに行ってまいりました。

普段は夜間拝観できない「醍醐寺」にて満開の桜を愉しみました。

11

14

 

「醍醐寺」

真言宗の宗祖・弘法大師の孫弟子にあたる理源大師が観音像を安置した874年が醍醐寺の始まりです。

その後、醍醐寺に納められた品物や建物自体が国の重要文化財に指定され、

平成6年には世界文化遺産に登録されました。

かの豊臣秀吉もここ醍醐寺にてお花見を愉しんだと言われており、

寺内には秀吉の家紋も多く見られます。

そんな歴史を経て、かの秀吉と同じ場所でお花見を愉しんで参りました。

10

7

今回は普段お世話になっているお客様とご一緒ということもあり、

醍醐寺伝統の”醐山料理を元につくられた「花見膳」をいただきました。

13

食事と一緒に、醍醐寺オリジナルの日本酒のふるまいも♪

12

会話が弾む素晴らしいお料理でした。

 

その後、醍醐寺の中にある「三宝院」に移動し、

ライトアップされた夜桜や庭園を拝見しました。

4

2

6

5

とても静かで、空気が澄んでいて、身も心も清められる不思議な空気感でした。

「三宝院」も普段は立ち入ることのできない特別拝観で、

”花より団子”にちなんでお茶とお団子もいただきました。

3

1

 

日本の伝統的な文化・空間に触れ、改めて日本が誇る、

素晴らしい文化を感じました。

 

春のこの時期だけしか見ることのできない、

儚い桜の美しさ。

とても貴重な、美しいひとときでした。

15

 

 

 

 

  • NEWER DIARY
  • OLDER DIARY
hr
© 1999 - 2014 MYPRINT CO.,LTD.  All rights reserved.