GOOD WEDDING AWARD 2016

こんにちは、松永です。

昨日、毎年開催されているリクルートブライダル総研主催の

GOOD WEDDING AWARD2016に参加してきました。

 

ファイル 2016-08-10 14 25 41

このイベントはブライダルに携わっていれば誰もが知っている

コンテストです。

 

普段触れることの少ない他のプランナーの方々の仕事を知ることができ、

それが刺激になったり、今一度、結婚式のすばらしさを

感じることができるイベントです。

 

今回ファイナリストに選ばれた方は8名。

それぞれ10分の持ち時間で、自分の行った結婚式のアイディアや想いを発表していきます。

グッド

引用:http://bridal-souken.net/wedding/gwa2016_04.html

 

 

プランナーとしての経験は3年の方もいらっしゃれば、

10年を越えている方もいらっしゃいましたが、

みなさんに共通していることは「いい結婚式にしたい」という想いと、

それを生み出すために乗り越えた時間やハードルがあったことです。

 

最近では、家族のあり方や家庭環境は様々で結婚式に対する想いや

形も変化していますので、それにあわせたプランニングがとても重要になってきます。

 

 

 

 

そもそも「いい結婚式」とは何なのか?

 

誰にとっての「いい結婚式」なのか?

 

 

今回このイベントを通して私自身自分に問いかけをする良い

きっかけとなりました。

 

 「いい結婚式」の定義はそれぞれ違うと思いますし、

一つでなくても良いと思うのですが、

私なりの「いい結婚式」とは

 

結婚式を挙げるお二人も

二人に寄り添ってくれた友人も

お世話になった上司も

ずっと一緒にいた両親も

成長をみづつけてきた親族も

 

みんながあったかい気持ちになれて、

今後それがとても大切な時間になっていくこと、

振り返れる想い出があることなのではないかと思いました。

 

 

先日ブログ記事で書きましたが、私の曾祖父が父と母の結婚式の

写真と席次表を残していたことも共通しているのだと感じます。

(過去ブログ:http://omojoy.jp/wedding/10241/

 

 

私たちもその結婚式を少しでもお手伝いできることを誇りにし、

今後も「いい結婚式」をつくる一員になれたらと

思っています。

 

そして、昔にくらべ入籍だけで済ませる方が増えている時代だからこそ、

結婚式のすばらしさをもっと伝えることができたらと思っています。

 

  • NEWER DIARY
  • OLDER DIARY
hr
© 1999 - 2014 MYPRINT CO.,LTD.  All rights reserved.