お花の勉強

こんにちは。久保田です。

写真 2015-04-25 9 52 17 (1)

先日お花の勉強をしました!

写真 2015-04-25 9 48 30 (1)

青山フラワーマーケットの6Fにある
ワークスペースで。

写真 2015-04-25 9 50 25 (1)

大きな窓から日差しが差し込み
とても気分良く学ぶことができます。

写真 2015-04-25 9 47 53

写真 2015-04-25 9 47 03

フロアは4つくらいにの
空間に分かれています。

写真 2015-04-25 10 03 55

壁で仕切られておらず、
床のデザインで分かれているのも素敵。

写真 2015-04-25 9 54 27

リビングのようなスペースもあります。

写真 2015-04-25 9 54 40 (2)

私が勉強したスペースはこちら。
生徒さんは全部で15名くらいで
アットホームな時間でした。

写真 2015-04-25 9 54 40 (1)

写真 2015-04-25 9 49 58

お花がセットされたテーブルについて、
フローリストさんの
お話をお聞きます。

写真 2015-04-25 9 50 36 (1)

勉強セットがやる気を起こさせてくれます!

写真 2015-04-25 9 51 26

初心者向けなので
基礎の基礎から教えてくれます♪

写真 2015-04-25 9 51 43 (1)

まずはお花の旬を
知ることから始まりました。

今は一年中様々なお花が
ショップで出回っているので
お花で季節を感じることが
少なくなってしまっているかもしれません。

旬の時期を知ることで
季節の変化をさらに楽しめますよね。

 

私はもともとピオニーが大好きなのですが
ピオニーは5月に旬を迎えるお花。
私は5月生まれなので
なんだか嬉しい!

あじさいは梅雨や夏のイメージですが
鉢植えのものは4月から
ちょうど今の時期に市場に出回るそうです。

写真 2015-04-25 9 51 56

次に、お花を扱うための知識を
教えてもらいました。

例えば「水揚げ」。
お花の水分を十分にキープするために行います。

水揚げのステップは簡単で3つ。

1. 新聞紙で花を包む

2. 水揚げの方法を選択する

3. 2~3時間水につける

これを実践しました。

写真 2015-04-25 11 02 46 (1)

この写真はバラを水切りしたものです。

水切りとは
水の中で茎をカットする方法。 

水揚げの種類は他にも
・空切り(水に入れずにカットする)
・湯上げ(80度のお湯で20秒つける)
・燃焼法(直火にあてる)
・根元切り(一文字や十文字切りにする)
・根元たたき(枝ものの茎をたたく)
などの方法があって、
お花の種類によって最適なものを選びます。


写真 2015-04-25 9 48 26 (1)
水揚げされ
お水に漬けている状態のお花たち。

ちなみに、お花屋さんは
月・水・金曜日に市場からお花が届いて
水揚げを行うため、
月・水・金の夕方が
新鮮なお花が豊富なんだそうですよ♪

写真 2015-04-25 10 11 14 (1)

これはシェルリという品種のバラ。
青みがかったピンク色をしています。

奥に小さく写っている方は
アプリコットという品種のバラで
こちらはオレンジがかっているのが特徴。

写真 2015-04-25 10 17 50

こちらはアリアム。
茎がふにゃっとしているのが特徴のお花です。

大人になってから
お花が好きになりました。

ウエディングにおいてもお花は重要。

もっともっと勉強して
企画やPRに生かしていきたいです。

私が受けた青山フラワーマーケットの
講座はこちらでチェックできます^^

http://www.hana-kichi.jp/

  • NEWER DIARY
  • OLDER DIARY
hr
© 1999 - 2014 MYPRINT CO.,LTD.  All rights reserved.